<< ◎I knew it! 3.27 | main | ◎サービス残業 4.10 >>

◎桜の季節の気難しさ 4.3

 

4.3はこの景色の中でモギハノン氏にガイドしてもらってきました。しかし話を聞くと桜の季節の琵琶湖は難しい。これ定説らしくD3では桜の季節に何度も美味しい目してきた者にとっては晴天の霹靂とも言えます。

 

さらにここ10日以上雨が降らず晴天続きで琵琶湖の水はクリアになりバスは警戒心が強くなり産卵前のナーバスさと相まってモギハノン氏からはまず北湖は釣れません釣るなら南湖ですよとの宣言を受けてしまった。

 

しかしまあ今日はバス釣り初の友人も一緒なので北湖の長命寺付近の桜も見たいし午前は北湖に入ってもらった。

 

 

この景色の中で釣れたら最高なんやけどなぁ〜そうはいかん

 

で2月末に初バスを釣った有名ロックエリアを僕はスイムベイト、モギハノン氏と友人はネコでさらっと探る。しかしベイトもおらず予想通り魚の気配もないのであっさり南湖へ移動。

 

10時頃に南湖ちょっと南寄りのエリアから探索開始。先週後半にはスイムベイトもライトリグも炸裂したエリアだがここもバイトの気配がなくなっており移動。

 

11時頃に入った浚渫の跡周りでベイト発見。同じくモギハノン氏と友人はライトリグ。僕はライトリグが手堅いと知りつつも最近ご無沙汰のスイムベイトでなんとか釣りたいと巻き続ける。

 

 

そして12時前、巻き続けていたスイムベイトに反応が出た。”ビリビリビ”という久しく味わってなかった感触がボートの時しか使う機会がなくなった愛竿G.loomisに伝わってきた。

 

みんなに”来たで!”と伝え我慢して巻き続ける。三人の目が穂先に集中。乗るか?乗るか?乗れ!と祈る。と穂先がもう一段入り込んだのでジワーッとスイープで合わせる。

 

乗った!リール巻くとすぐに大きいのがわかった。大騒ぎしながらリールを巻く。姿が見えてから2度ほど飛ばれたがバラシは回避しモギハノン氏がネットに入れてくれてランディング成功!やった〜!!と雄叫び。

 

モギハノン氏ガイド二回目にして初の50up。今時ゴーマルで雄叫び上げてたら笑われるかもしれません。ロクマルも釣りたくて仕方ないけどやっぱりゴーマル出ると嬉しいね。

 

お腹はあまり大きくなっていない。52cm 推定2200~2300gくらいかな

 

BKスイムベイト4インチ+10gジグヘッドブレード付き丸呑み

 

この写真をとった後口からポロリとルアーが外れた。モギハノン氏はフックが小さいんですよと。ここでその重大さをしっかりと認識していなかったばっかりに数時間後の悲劇につながっていく。

 

この後何度かポイントを変えるが一度西岸でスピナベにショートバイトとモギハノン氏のライトリグに二度ほどショートバイトがあっただけ。友人はキャストこそ慣れてきたがノーバイト。

 

午後の時間は過ぎていく。ベイトを求めてさまよう。そして16時前に一発出たポイントへ戻るとやはりここはベイトが多い。終了までの時間をここで粘ることに。

 

しかし結果はすぐに出た。今日はライトリグには反応せずスイムベイトが好きだったようでまた愛竿G.loomisの穂先にビリビリとスイムベイト特有のバイトが出た。まさにこれがスイムベイトの醍醐味。

 

またみんなに来たで!と伝える。我慢してゆっくり巻き続ける。そして今度も一段穂先が絞り込まれたところで穂先に注目してくれていたモギハノン氏が『乗ってますよ!リール巻いて!巻いて!』とアドバイス。

 

一気にリール巻いて巻き合わせそしてグイ〜とバットまで重みが乗って午前中のバスよりもデカいと感じたその瞬間...。すっぽ抜け。OMG...。が〜ぁ〜と叫びボート上でひっくり返る。

 

頭の中は真っ白。しばらくしてもっと待った方がよかった?あ〜なんで朝の魚の後デカいフックのジグヘッドに替えなかったんやと考えるも後悔先にたたず。ロクマルなくともゴーゴな感触やったなぁ〜。

 

ここから大きなフックのジグヘッドに替えて30分巻き続けるもチャンスなし。友人は残念ながらノーバイト。よく我慢してくれました。大きいのも釣ったし大きいのも逃したし雄叫び上げてしまう嬉しさも溢れんばかりの悔しさもひっくるめて楽しい1日でありました。

 

しかしまあ気難しいなぁ琵琶湖は。これも含めて面白いのかな。

 

闘い終えたモギハノン号

 

 

 

 

at 20:50, aloha, バス釣り

comments(8), trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 20:50, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment
がっちょまん, 2018/04/05 3:21 AM

お疲れさまです。何だかんだでも、シッカリ50upを仕留めてますやん!
コチラは引っ越しして、淀川まで自転車で10分ほどになっただけでなく、琵琶湖も射程距離に入ったので、今度電車で行ってみます。はあ〜、いつになったら釣れるのやら・・・(´д`|||)

イタチ, 2018/04/05 7:29 AM

おおっ、天国と地獄を味わいましたねぇ
逆だと終わりの気分が全然違うんですけどね

aloha, 2018/04/05 7:49 AM

がっちょまんさん
今年入ってまともなバイトは5発で3フィッシュ。このうちゴーマルが二本。バラシ、すっぽ抜けの二本もゴーマル近くとゴーゴの重さ。春の琵琶湖は気難しいですがこれが琵琶湖のポテンシャルですわね。淀川まで自転車10分でもぜひ琵琶湖へ出撃してください。

aloha, 2018/04/05 7:51 AM

イタチさん
ほんまにそれですわ。しかしこの悔しさがまた次回のモチベーションになると思って無理やり納得させてます。しかしなぁ〜〜悔しい。

がっちょまん, 2018/04/05 12:24 PM

こちらも同じくらいのバイト数で、スッポ抜けが多いです。テキサス、ネコ、ラバジとも即アワセも送り込んでもダメなので、対策を考えているところです。

aloha, 2018/04/05 1:48 PM

がっちょまんさん
昨今、一日やってバイト数発だとほんと修正の仕様が無いからなかなかうまくなれません。もうほんま一発勝負繰り返してるだけですわ。

onz, 2018/04/09 11:18 AM

おはようございます。なかなかナイスフィッシュですね。羨ましいです。それにしてもガイドに乗ってもなかなか釣り雑誌のように釣れるわけではないのですね。ちなみにモギハノンって何者ですか?

aloha, 2018/04/09 11:28 AM

ONZ師匠
特にこの釣りの前10日以上雨がなく水がクリアすぎて厳しかったですね。貴重な2発目逃したのが悔やまれます。
モギハノン氏はダグハノン氏を師と仰ぎ、バス釣り好きが高じて福島より琵琶湖に移住してしまった新鋭ガイドです。
マスターも一度ガイドフィッシング行きましょうよ!










trackback
url:http://aloha8.jugem.cc/trackback/703